結局は人間がどう思うのかが重要・・かな

28 4月
0

顧客情報の範囲って恐ろしく広くなってきているのを知っていますか?

CRMというシステムがありますが、このシステムに蓄積される顧客情報とは、氏名、住所、電話番号といったいわゆる属性情報の他、その店で買った商品、比較した商品、値段はもちろん、それまでの累計金額なども含まれます。

そして、もし商品に対しての質問やクレームを企業に問い合わせたとしますよね。そうしたら、その内容までもが情報として残るわけです。下手な電話、できませんね^^

ではこのような情報をまるごと集め、CRMとしてどういう風に活用しているのか。それは、私やちそれぞれの嗜好を分析したり、この商品を買ったら次にいつ頃在庫が無くなり再度注文する日はいつ頃になるのか、といった予想までできるわけです。すべて私たちの消費生活、消費活動まで見抜かれてしまうと。。

それを私のように嫌だな・・、と思う人間もいれば、忘れっぽいから企業側から提案してくれると助かる!という人もいるわけです。結局は、相手がどう感じるかが問題、ということなのかもしれません。

http://knowledgesuite.jp/service/sfa-hikaku.htm

Add comments: