導入失敗の原因が業者にあることも

20 6月
0

CRMを導入しても、使い方が複雑だったり、運用するのに設定の仕方が煩雑だったり、拡張したくてもそれを出来る従業員がいなかったりと、さまざまな理由によって運用を諦めないといけない会社も多々あったようですね。

CRM失敗には、こういったシステムの取り扱いの難しさが多くの原因と言われていますが、実はこのシステムを提供している業者の姿勢も大きく関わっているんですね。

導入3ヵ月まではフォロー体制が整っていても、実際に大変なのはその後長く運用できること。たった3ヵ月で手を引かれては、現場の従業員たちは途方に暮れてしまうんです。

しっかりとフォローしますよ!とは言いつつも、それは別の費用を請求されたり、担当者を呼ぶのに時間がかかったりと思ったようなフォローを受けることができない状況があります。

そこで、業者を選定する際にポイントとしたいのが、システムの導入とともに自社の課題解決、解決のためのさまざまな提案、そして親身になって取り組む姿勢がその業者にあるのか、このへんをじっくりと見極めることが重要になります。

顧客管理機能 |サービス紹介 | KnowledgeSuite

Add comments: