営業担当者がやる気が出るように

12 9月
0

SFAの成功には、営業担当者が自ら使ってくれることが必須となりますね。理解していても、使いづらかったり効果を感じられなければ、使うのをすぐに止めてしまうでしょう。人によっては上司が自分の営業行動を監視しているのでは?と、疑ってしまう可能性もあり、敢えてSFAを使うのを拒むケースもあるんですね。上司や経営陣は、こういった状況になるとSFA自体を止めてしまうでしょう。本当にもったいないことです。

なので、SFAの導入前の段階から、営業担当者がやる気を起こすような指導をしていく必要があります。もっとも強調すべきことは、SFAに入力される営業情報はすべて会社の資産であることです。営業中に得た情報のすべては、営業担当者のものではなくて会社のものであること。ここを特に理解してもらう必要があります。

また、一日の営業に使える時間が長くなること。これも重要ですね。会社に戻って日報を書いたり、週報、会議資料などにかかっていた時間はほぼ、SFAからの情報で成り立つため、営業そのものに時間をかけることができるようになるんです。

Add comments: