多元的に利用ができること

8 12月
0

今は、1つだけの機能では誰も使ってくれない、どんどん新機能の追加が当たり前のように行われていますよね。SFAにしてもそうです。情報を一元管理しながら会社全体で営業、売り上げの動向を確認していく、そんな動きが強まっています。

逆に言えば、そうしないと情報は停滞したまま、もしかしたら会社の資産ともなる顧客情報や営業情報は埋もれて何も役に立たず。常に新しい情報のみを入手しようとして、それにお金をかけ、結果的には売り上げに貢献できない、そんな悪いサイクルになっている場合もあるんです。

こういったサイクルを向上させるために、SFAが使われ、業務の効率化、情報の一元化、リアルタイムでの情報確認が重要とされるようになり、それらの情報は多元的に利用も可能となっています。

ただ一方で、とにかく機能を削り、必要なものだけに絞ったSFAがある、ということも聞きました。最低限の機能で、使いやすく長く利用できるSFAというもの。どちらを使うかは、やはりその会社の業務やスタッフに合ったもの、ということになるでしょう。

sfa料金の特徴

Add comments: