お寺でもCRM

22 12月
0

築地本願寺という、日本人なら誰しも一度は聞いたことのあるお寺。こちらの事務方トップ宗務長をなさっている方のインタビュー記事にCRMという単語が入っていたんです。記事を読むうちに納得したのですが、この方、もともとは外資系企業にいらしたとのこと。その後、50歳で得度し、築地本願寺に入られ、お寺の現状というものを思い知ったそうです。

お寺や神社との付き合いが次第に薄くなっている現代、もう一度その結びつきを強くしようと、様々なプロジェクト案を出したところ、あなたがやってみなさい、と言われて事務方トップになられたそうです^^

銀座にサロンを開設し、お寺についての情報提供を行ったり、境内にはカフェなどがあるインフォメーションセンターも設置したり。現代風で、海外の人たちにもわかりやすいお寺にされたようです。その結果、参拝客は以前の2倍ほど増えたとか。

「人生のコンシェルジュになる」ことが最終目標だそうです。そのために、CRMなどを活用して、「一人一人の人生に寄り添ってサポートする」ことを目指されるそうです。

Add comments: