声を発した顧客の背後に隠れている大勢の見込み顧客

12 5月
0

CRMを活用していくことで、顧客満足度を向上させることが可能と言われています。顧客が企業に電話をかけると、自動でその顧客の属性情報やそれまでの購買履歴、日付、以前の問い合わせの内容などが画面に出てきます。顧客は、自分の名前やそれを証明する何かを言うだけで、オペレータは問い合わせに答えてくれますから、顧客としては短い時間で問題を解決することができるようになります。

また、SNSで顧客と企業が直接結びつくこともできるようになりました。ですから、顧客の意見を企業が直接聞くことで、企業は商品を改善することが可能ですし、顧客は自分の発言が実際に企業を動かせたことに満足します。

つまり、顧客満足度を上げることで企業はPDCAサイクルも回すことができる、ということなんですね。双方に多くのメリットをもたらしてくれますし、なんといっても声を発した顧客の背後に隠れている大勢の見込み顧客もを取り入れることが、CRMでは可能になると言えますよね。

営業支援

Add comments: