日々、進化しています。

31 5月
0

SFAへの入力作業の大変な事は知っていましたが、最近聞いた話では、イベントなどで新規の見込み顧客と商談をした時のやりとりが、自動的にSFAに記録されていく、といった仕組みが出来上がったそうです。

個人や中小企業ではこういったものはあまり必要無いのかもしれませんが、営業マンの数が多い企業では、それぞれの営業マンが手書きしたり入力するには時間もかかるし内容に統一感が無いかもしれません。すると、いざ見込み顧客情報をまとめようとしても、どこを軸にまとめるのか、本当に情報は合っているのか、漏れやミスは起きていないか、確認作業にもまた時間がかかってしまいます。

でもこのような仕組みがあれば、最初の商談中にチェック方式で顧客シートに情報を入力していければ、非常に効率的に作業を進めることができますし、SFAにも順調に情報は蓄積されていくでしょう。名前や会社情報は名刺からスキャンして自動入力も可能ですから、これまでのイベントでの新規見込み顧客の登録から考えると、大きな進歩となっているのではないでしょうか。


Add comments: