限られた情報の中で

15 6月
0

CRMは、現在の社内にある情報を一括管理し、効率よく情報を使っていくことができます。考え方によっては、限られた情報によって最大限の生産性を生み出すことも可能となるんです。

よく言われているのが、新規顧客を獲得するのは、既存顧客を維持するよりも5倍以上のコストがかかるということです。それに、人口の減少はさらに進んでいきますから、企業や商店は淘汰されていくでしょうし、新規顧客となる対象も少なくなるはず。そう考えると、今いる顧客を大事にし、維持していく方が断然有利ということです。

また、今までに既存顧客の情報はたくさん入手しています。ただ、それらの情報は散らばっていて活用がうまく行われていませんでした。そこでCRMにこれらの情報を全て溜めていくんです。属性情報、購入情報、お問い合わせなどに入っている情報まで全て。そうすることで、それぞれの顧客の嗜好が分かったり、メルマガなどの反応も分かってきます。反応が分かれば対策もできますから、次の購入への準備もしやすくなるんですね。


Add comments: